借金が苦しい時にまずできること

借金が苦しい時にまずできること

借金が苦しい時にまずできることは

 

 

 

この記事の目次

 

1.債務整理とは。4つのメリット・デメリット

 
 

債務整理とは。4つのメリット・デメリット

 

債務整理は大きく4つに分かれます。

任意整理 メリット・デメリット

任意整理とは裁判所を使わず、弁護士や司法書士の先生が 債権者の方と直接交渉をしてくれることです。 それで和解した後、3年~5年くらいのスパーンで返済できる金額に減額してもらう方法となります。 任意整理のメリット 取り立てが一切来なくなります。 交渉の末、今までの利息を減額、 これからの利息をカットしてもらうことになります。 これで返済する側としては、かなり未来が明るくなるのではないでしょうか。 月々の支払額を無理なく返済できるような額に減額し、 3~5年での完済を目指すことになります。 その場合、月々に支払う返済額は、 弁護士・司法書士の先生を通してそれぞれの債権者の方に支払うことになります。 任意整理のデメリット あなたの全ての借金が任意整理できるわけではもちろんありません。 任意整理とは返済計画に基づき返済を行うために借金の額を減らしてもらうことが目的ですので、 不可能な返済計画を立てることはできないとされています。 借金残高を3年間 (最長でも5年) の分割払いで完済が原則とし、 可能かどうかが一応の目安になります。

個人再生 メリット・デメリット

個人再生は住宅ローン以外の債務を大幅に減額するもので、 3年で返済をしていくためのものです。 住宅を手放さずに何とかならないモノだろうかと悩んでいる方が多い中、 住宅を手放す必要がないというのが最大のメリットではないでしょうか。 個人再生のメリット 取り立てが一切こなくなります。 住宅はそのままに、借金の整理ができます。 借金を元本から大幅に減額(最大で100万円か5分の1まで減額)できます。 個人再生もデメリット 個人再生の手続きには、条件があります。 「住宅ローンを以外の借金が合計5000万円以下」 「収入が安定していること」 「減額した借金と住宅ローンをしっかり返済できると判断できること」 「マイホームが住宅ローン以外の担保に入っていないこと」など、 いくつかの条件を致さなければいけません。

自己破産 メリット・デメリット

自己破産とは今までの借金を全てなくす、 債務整理の中でも、まさに最後の手段の手続きになりますが、 自分のもっている財産、マイホームなども全て処分されることになり、 債権者に配分されてしまいます。 自己破産のメリット 借金が全てきれいになりますので、 当然、取り立ても一切なくなります。 戸籍上や住民票にも載ることはないですし、 会社にも通知されることはありません。 普段の生活が送れるようになります。 自己破産のデメリット 自己破産は債務整理の最後の手段です。 自己破産は何度も行えません。 なので、返済がきつくなった場合、即自己破産ではなく、 まずは債権者側と交渉したのち、 減額や支払い回数などを和解しながら、 返済計画を立てていく任意整理の方向で考えましょう。

特定調停 メリット・デメリット

特定調停とは重債務者本人が、裁判所の調停委員の元で、 債権者と利息についての交渉を直接行うものです。 和解したのち、3年~5年くらいの機関で返済できる金額に減額してもらうことを意味します。 (特定調停メリット) 本人が自分で手続きをするといっても、 調停委員が間を取り持ってくれるので、 借りている側が直接金融機関と話し合うようなことはありません。 取り立てが一切こなくなりますし、 これまでの利息を減額してもらい、 これからの利息も減額になります。 なので毎月の支払金額や返済総額も減額になります。 (特定調停デメリット) 本人が手続きをしなければならず、 そのための時間を作らなければなりません。 任意整理などの方法と比べて、借金の免除はありません。 借金の減額は利息制限法に基づく金利の引き直しの範囲内に留まり、 過払い金の請求はできません。 個人信用情報機関ブラックリストに登録されることになります。

 

 

相談前

○借金280万円 ○毎月の支払い額12万円 金利13~15%

相談後

○借金180万円 ○毎月の支払い額4万円 金利0%

 

解決実績15000件

 

 

債務整理!借金半額は夢ではない!

借金状況の無料診断

3つの質問に答えてあなたにピッタリの相談所を見つけましょう。

f:id:tuneyosi1223:20170516121029j:plain